「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2013年11月15日のアーカイブ

FOTO PREMIO 米山洋平写真展「サンポスル」


FOTO PREMIO 榎本祐典写真展「hyperthermy」


飯塚明夫写真展「サヘル」〜褐色の大地より〜


会期:11月16日(土)〜11月26日(火)
会場:コニカミノルタプラザ ギャラリー(東京都新宿区)
http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2013november/gallery_a_131116.html
http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2013november/gallery_b_131116.html
http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2013november/gallery_c_131116.html


田中昭史「illusion」


会期:11月16日(土)〜11月30日(土)日休
会場:新宿ゴールデン街[こどじ](東京都新宿区)
http://www.phobbit.com/kodojitop.html


「写真時代」の時代展


会期:11月18日(月)〜12月1日(日)
会場:プレイスM(東京都新宿区)
http://www.placem.com/schedule/2013/20131118/131118.html


山方伸「topography」


会期:11月18日(月)〜11月24日(日)
会場:M2ギャラリー(東京都新宿区)
http://m2.placem.com/schedule/2013/20131118/131118.php


キヤノンフォトクラブ 東京INFINITY写真展「∞ ∞ ∞」


会期:11月18日(月)〜11月24日(日)
会場:ヨドバシフォトギャラリーINSTANCE(東京都新宿区)
http://www.yodobashi.com/ec/support/news/1213373439033/index.html#1118


「よそおい」写大ギャラリー・コレクションより


会期:11月17日(日)〜12月25日(水)
会場:写大ギャラリー(東京都中野区)
http://www.t-kougei.ac.jp/arts/shadai/2013/05.html


ヤスダアキノリ写真展「 3 」


会期:11月18日(月)〜11月24日(日)水休
会場:monogram(東京都目黒区)
http://monogram.co.jp/gallery/index.php


「F」岩出一成・五郎丸歩・長井貴美・谷内啓樹・篠田優


会期:11月16日(土)〜11月30日(土)木休
会場:ギャラリーpippo(東京都台東区)
http://pippocamera.com/main/?cat=11


平岩道夫&雅代写真展「ケニア・タンザニアの野生動物たち」


会期:11月16日(土)〜12月1日(日)
会場:コンドルグループ本社ギャラリー(東京都杉並区)
http://capacamera.net/exhibition/pickup/131116_hiraiwa.html

厚年浦和写真クラブ写真展


会期:11月18日(月)〜11月24日(日)
会場:さいたま市民ギャラリー(さいたま市浦和区)
http://www.city.saitama.jp/www/contents/1057632505994/files/25-9-11.pdf

石井利昌「ENCOUNT」


会期:11月18日(月)〜11月28日(木)土日祝休
会場:ニコン札幌サービスセンターフォトスクエア(札幌市北区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/sapporo/photosquare.htm


910″写友展「ペンタックスの世界」


会期:11月18日(月)〜11月30日(土)
会場:フォトプラザ910″ギャラリー(帯広市)
http://e-910.jp/


前田直美「ハワイの旅」


会期:11月16日(土)〜11月30日(土)
会場:ニコンプラザ仙台フォトスクエア(仙台市青葉区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/sendai/photosquare.htm

ニッコールクラブ愛岐支部「熱田さん界隈(後半)」


会期:11月18日(月)〜11月28日(木)土日祝休
会場:ニコン名古屋サービスセンターフォトスクエア(名古屋市中区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/nagoya/photosquare.htm

清永安雄写真展「美しい日本のふるさと 東日本編」


会期:11月6日(水)〜12月28日(土)
会場:アルティザンKYOTO(京都市東山区)
http://www.artisan-tokyo.com/news.html#furusato


岡正則写真展「愛しの百面相」


会期:11月18日(月)〜11月24日(日)
会場:Acru(大阪市中央区)
http://acru.jp/gallery/calendar

木之下芳昭「農II」


会期:11月18日(月)〜11月29日(金)
会場:ニコン福岡サービスセンターフォトスクエア(福岡市博多区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/fukuoka/photosquare.htm

銀座三越のライカコーナーで、斎藤巧一郎氏のミニ写真展などライカCによる作品を展示。26日まで売場を拡張


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131115_623646.html


クラシックカメラに触れるチャンス!写真教室「目覚めよクラカメ女子」


(女子カメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/girlscamera/news/20131114_623461.html

キヤノン、APS-C最小一眼レフ「EOS Kiss X7」にホワイトを追加 白いEF 40mmパンケーキレンズが付属


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131114_623496.html


EOS Kiss X7ホワイト

EOS Kiss X7ホワイト



カシオ、1/1.7型センサーとF1.8レンズ搭載の「EXILIM EX-10」“宙玉モード”も搭載


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131114_623508.html


EXILIM-EX-10

EXILIM-EX-10



カシオ「EX-10」の発表会に哀川翔さんが登場 ゆるキャラたちが街スナップを披露


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131114_623661.html


カシオ「EX-10」は“好画質”を簡単に撮れるカメラを目指した


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1311/14/news109.html


ニコン、「D5200」「D5100」「D3200」「D3100」「COOLPIX P7700」を新バッテリー「EN-EL14a」に最適化


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131114_623666.html


無線LAN内蔵SDHC「FLUCARD FOR PENTAX」が発売延期


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131114_623559.html


イタリア製レザー使用の一眼レフ対応カメラケース


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131115_623662.html


「三つ巴」「桔梗」「千鳥」…シャッターボタンを彩るレリーズボタン


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131115_623656.html

交換レンズ百景:オーラが違う新生ノクト──ニコン「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1311/15/news036.html


AF-S NIKKOR 58mm f:1.4G(ITmedia)

AF-S NIKKOR 58mm f:1.4G(ITmedia)



星空も撮れる! 高級コンパクト、PowerShot S120の実力


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20131112/1053447/


11月号【小松詩乃 + Canon EOS 70D】2週目–積極的に使いたいデュアルピクセルCMOS AF!


(Photogenic Weekend)
http://photogenicweekend.net/2013/11/15/2021.html

現実とは思えない、逆光で撮影された土星と内惑星の超精密画像をNASAが公開


(Buzzap!)
http://buzzap.jp/news/20131114-saturn-eclipse/


愛犬から夕陽、ウミウシまで! フェイスブック「公開グループ」の奥深さを体験せよ


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20131031/1053274/


被災動物の現実 残された家畜やペットたち 知恩院で写真展 京都


(産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/131114/kyt13111402100004-n1.htm


スマホをトイレに置き忘れたら!


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20131113/1053488/

●「大化の改新」といえば、専横をほしいままにする蘇我入鹿を、正義の味方・中大兄皇子と中臣(藤原)鎌足が誅殺した事件、と教わって来た。だが、この説明は藤原不比等によって作られた「日本書紀」をもとにしている。その内容をそのまま信じていいのか。という考え方を梅原猛「隠された十字架」で知ったのは20代半ばだった。母校の中学の教育実習で、まさに俗説通りの「大化の改新」授業をやった身としては、なんとも複雑な思いをした覚えがある。


つい先日、「隠された十字架」に触発されて描いたという漫画「天智と天武-新説・日本書紀-」(中村真理子)コミックス1、2巻を読んだ。「隠された十字架」で霊感が湧いた「日出処の天子」の山岸凉子みたいな人がここにいた。フェノロサと岡倉天心が法隆寺夢殿で秘仏・救世観音の封を解くイントロは素晴らしい。


この物語は「大化の改新」から「壬申の乱」を経て、持統天皇までを描く歴史フィクションだ(と思う)。キーとなる人物は聖徳太子で、最後はイントロに戻る(と思う)。主役は中大兄皇子(後の天智天皇)と弟の大海人皇子(後の天武天皇:入鹿に生き写し)である。重要な役は中臣鎌足だが、この物語では百済の王子・豊璋としている。つまり藤原氏の祖先は韓人という説をとる。鎌足は出自がはっきりしないのである。梅原猛はコミックス1巻の巻末の鼎談でこう言っている。


「彼はおそらく日本人ではないね。鎌足から急速に伸張してきた藤原一族の統治方法を見れば、日本人とは思えない。韓流ドラマを見ると、日本人ではとても考えつかない見事な謀略をするでしょ。それがすごく面白い。日本の『源氏物語』なんて、たかが知れてるよ(笑)」。韓流ドラマと源氏物語を比較するなんて、痴呆老人か? 梅原先生。


中村真理子は「力あるものは美しい。聖徳太子も入鹿も美男子だったのでは」と、入鹿も大海人皇子も中大兄皇子もみな美しく描く。絵は非常にうまい。人物の描きわけも巧みだ。でも、大海人皇子の従者・鵲だけがギャグ漫画の顔なのが違和感。


これから伝説の美女・額田王が出て来るはずだ。大海人皇子の子を産むが、中大兄皇子にも愛されたとか、そのへんどう描かれるか楽しみだ。万葉集の「あかねさす紫野行き標野行き」や「紫の匂へる妹を憎くあらば」や、百人一首の「秋の田のかりほの庵の」も出して欲しいと思う。


この物語には、いきなり100年後の平城京、藤原不比等らが「日本書紀」を著す場面が出て来る。不比等は部下を集めて言う。「よいか、真実は常に勝者のもの。敗者は、それを覆す力も言葉も持たぬ。ゆえに、歴史を作れるのは勝者のみ! 心しておけ!」と。これは真理だ。終戦直後にGHQがやった手口だ。おかげでこんな国になってしまった。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091848982/dgcrcom-22/
「天智と天武 -新説・日本書紀-」


●続き。ロープ(ビニールテープだったかも)で区切られたブロックに行くと、まだ入れてもらえた。ブロックごとに整列させられるのだが、列の帯は途中で2つに分かれており、自分のブロックは、分岐した列の最後尾。後ろは道路で開放感があった。


閉門時間を考えて申告していて、てっきり最後のブロックでのスタートと思いきや、16ブロックの後ろから5番目。並び始めると参加する実感がわき、緊張してきた。ある参加者が着用していた「なぜ私は応募してしまったんだろう」Tシャツを思い出した。そうだ、なぜノリで応募してしまったのだろう。後悔した。怖くなってきた。


上空ではヘリコプターが5機ほど飛んでいてうるさい。そりゃ災害時にヘリが飛んでいたら、SOSの声が聞こえないからどこか行ってくれと言いたくなるわなと思う。大会挨拶やアナウンス、スタートの号砲など、後ろすぎて何も聞こえない。前方から拍手の波は届くので、まわりみんなで拍手はしておいた。小さなモニタとかスピーカーでも用意してくれたらいいのになぁ。続く。 (hammer.mule)

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Daily Tourists.AshikagaPICT0336Osaka, JapanKyoto TowerKyoto Cinema Districtyellowsunday morning