「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2013年12月11日のアーカイブ

山本剛士写真展「若き杜氏達の挑戦」


会期:12月12日(木)〜12月18日(水)日祝休
会場:AiDEM PHOTO GALLERY シリウス(東京都新宿区)
http://www.photo-sirius.net/


枝川一巳写真展 カリフォルニア「レッドランズの街」


会期:12月12日(木)〜12月27日(金)
会場:HCL フォトギャラリー新宿御苑(東京都新宿区)
http://www.horiuchi-color.co.jp/photo-gallery/shinjuku/


くらぼーんCLUB福島復興支援チャリティー写真展「こころたす」


会期:12月12日(木)〜12月18日(水)日祝休
会場:Photo Gallery KITAMURA(東京都新宿区)
http://www.kitamura.jp/photogallery/


photographers9人展 風景との対話


落合由賀里・川隅功・斎藤友覧・佐藤尚・富田文雄・星野佑佳・前田晃・山口高志・山梨勝弘
会期:12月12日(木)〜12月18日(水)
会場:ポートレートギャラリー(東京都新宿区)
http://www.sha-bunkyo.or.jp/gallery/port.html


慶應義塾大学カメラクラブ・早稲田大学写真部「早慶展2013」


会期:12月12日(木)〜12月17日(火)
会場:ヒルトピア アートスクエア(東京都新宿区)
http://hilartsq.com/schedules/fairs/index.html


村越将浩写真展「VOICE from NEW YORK 〜素晴らしき声が聞こえた瞬間〜」


会期:12月12日(木)〜12月18日(水)日祝休
会場:キヤノンギャラリー銀座(東京都中央区)
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/murakoshi-voicefromnewyork/index.html


GHQカメラマンが見た戦後の日本 復興に向けて働く人びと


会期:11月1日(金)〜12月23日(月)月休
会場:昭和館2階ひろば(東京都千代田区)
入場料:65歳以上270円、大人300円、高大生150円、小中生80円
http://www.showakan.go.jp/index.html


大ミヤモト展 〜フィルムカメラ「NATURA」で撮り続けた1,064日〜


会期:12月12日(木)〜12月26日(木)水休
会場:monogram(東京都目黒区)
http://monogram.co.jp/gallery/index.php


JPA展東京展


会期:12月13日(金)〜12月20日(金)月休
会場:東京都美術館(東京都台東区)入場無料
http://www.jpa-photo.jp/

仁の会写真展「いのち写真展〜5人の写真家のはじまりと現在〜」


会期:12月12日(木)〜12月24日(火)土日祝休
会場:キヤノンギャラリー仙台(仙台市青葉区)
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/jin-life/index.html


銀遊の集ひ作品展vol.4


会期:12月12日(木)〜12月17日(火)
会場:富士フイルムフォトサロン仙台(仙台市青葉区)
http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sendai/13121201.html

三宅達二写真展「四季」


会期:12月12日(木)〜12月17日(火)
会場:ギャラリー古都(京都市中京区)
http://gallerykoto.web.fc2.com/


河田一規写真展「セカンドライフ」


会期:12月12日(木)〜12月18日(水)日祝休
会場:オリンパスギャラリー大阪(大阪市西区)
http://olympus-imaging.jp/event_campaign/event/photo_exhibition/131128_kawada/


篠原幹尚「OM-Dアートの世界 PART─V」


会期:12月12日(木)〜12月18日(水)〜 日祝休
会場:オリンパスプラザ大阪オープンフォトスペース(大阪市西区)
http://olympus-imaging.jp/event_campaign/olympusplaza/osaka/index.html#anc05


2013 第37回 鉄道ファン・キヤノンフォトコンテスト入賞・佳作作品展


会期:12月12日(木)〜12月18日(水)日祝休
会場:キヤノンギャラリー梅田(大阪市北区)
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/cmj-37tetsudo/index.html


甲斐啓二郎写真展「Shrove Tuesday」


木村靖子写真展「自然との対峙」


会期:12月12日(木)〜12月18日(水)
会場:大阪ニコンサロン/ニコンサロンbis大阪(大阪市北区)
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/12_osaka.htm#03
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/12_osaka-bis.htm#03


第14回フォトMTE作品展「感じて写す美」


会期:12月12日(木)〜12月18日(水)
会場:富士フォトギャラリー大阪(大阪市中央区)
http://www.prolab-create.jp/culture/gallery/oo_gallery.html

コシナ、α7シリーズ対応の「VM-E Close Focus Adapter」を12月21日に発売 NEX用VM/Fマウントアダプターでのケラレ状況も掲載


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131210_626938.html


銀一シルクグレーカードに両面タイプの「Ver.2」18%グレーと50%ライトグレー


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131211_626975.html

旅×カメラ:OLYMPUS STYLUS 1“究極のプレミアムコンパクト”と行くフランス


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20131211_627071.html


OLYMPUS STYLUS 1(デジカメWatch)

OLYMPUS STYLUS 1(デジカメWatch)



パナソニック「DMC-GX7」、オリンパス製レンズとの組み合わせにハマる日々


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20131206/1053941/


DMC-GX7(NIKKEI TRENDY NET)

DMC-GX7(NIKKEI TRENDY NET)



APS-C機の限界に挑む意欲的な一眼レフカメラ ─ リコーイメージング「PENTAX K-3」実写レビュー


(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/articles/2013/12/10/pentax_k3/index.html


PENTAX K-3

PENTAX K-3



写真で見る「EOS Kiss X7 (ホワイト)」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1312/10/news044.html


EOS Kiss X7 (ホワイト)(ITmedia)

EOS Kiss X7 (ホワイト)(ITmedia)



一眼での動画撮影、音にもこだわる! シュー取り付け型マイク5機種を一気に使う


(AV Watch)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/20131211_627077.html


荻窪圭のiPhoneカメラ講座:第36回 iPhoneでイルミネーションをキレイに撮るコツ


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1312/10/news048.html


フォトアプリガイド Old Photo(Android)できることはただ一つ! 超シンプルな加工アプリ(デジカメWatch)


http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/app/20131211_626917.html

ノキアが4100万画素カメラ搭載の「Lumia1020」で実際の結婚式を撮影


(GIGAZINE)
http://gigazine.net/news/20131210-lumia-1020-wedding/


週刊アンケート 冬のボーナスで何を買う?


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/enquete/20131210_626868.html


日本のファッション系フォトブック・ガイド(第8回)ホンマタカシ「ウラH ホンマカメラ」1998年5月、ロッキングオン刊 


(The Short Epic)
http://gallerist.cocolog-nifty.com/epic/2013/12/8h19985-abd7.html


闇に強い!! 手のひらサイズのカメラ(excite)


http://www.excite.co.jp/News/bit/E1386130559313.html?_p=1


全天球が撮れるボール形カメラ「Panono」の出資者を募集 2014年の発売を目指す


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131210_626969.html


とあるカップルと「なんでも写真病」の話


(LAURIER)
http://www.excite.co.jp/News/laurier/column/E1386228565080.html

iPhoneで困ったときの解決方法【後編】


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20131206/1053939/


ペットボトルがそのまま加湿器になる「ボトル加湿器」


(家電Watch)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/kdnreview/20131210_626410.html


ビジネスに役立つAndroidアプリ 郵便、メール便、宅配便の料金が調べやすい「送料いくら? 宅配送料計算」


(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/biz_a_app/20131211_627066.html


着物生地、自転車用品……趣味性の高い詐欺サイトが出現、お年玉層も餌食に


(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131211_627134.html


年末年始に増える「一獲千金詐欺」、詐欺NPOにもご注意


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20131205/1053929/

●太田直子「字幕屋に『、』はない」を読む(イカロス出版、2013)。フリーランスの字幕屋30年近いベテランが、映画の日本語字幕制作の哀しくもおかしい舞台裏を描いたエッセイで、あまり知る人のない職業に興味津々である。嘆き節、怨み節の軽妙な文体は擬態で、言葉を扱うプロとして誠心誠意仕事に取り組んでいる姿が見える。絶妙のパロディ系の見出しは、おもしろいにもほどがある。「紙々の黄昏」「気遣いピエロ」「シスター・ウォーズ 経刻の逆襲」「次はどっちに出ている」「原稿に手を出すな」とか。


タイトルの意味は「映画字幕に句読点はない」ということ。知らなかった。気がつかなかった。映画字幕では句読点の代わりにスペースを用いる。「。」は一字分、「、」は半字分だ。すぐに画面から消えてしまう字幕は一瞬の誤読が命取りなので、それを防止するテクニックだ。ところが、字幕から句読点が排除された理由は、はっきりしないという。この本の正しいタイトルは、「字幕屋に『、』『。』はない」ではないか。まあいいけど。


映画のセリフひとつひとつの長さを計測しリスト化する、スポッティングというプロの仕事がある。このリストがないと字幕翻訳は始まらない。字幕にはセリフ1秒=4文字という制限があるからだ。例えば、I’m not lying. というセリフはリストでは1秒以下、3〜4文字にしなければならない。直訳の「嘘じゃないわ」では2文字オーバー、そこでどうするか。You didn’t know? 「知らなかった?」も同様にオーバー。そこでどうするか。解答はあとで。


「厳しい字数制限のもと、いかに老若男女すべての観客に映画を楽しんでもらうかを追求しているので、辞書にある訳語に縛られていたら話になりません。原文メッセージの裏の裏まで深読みし、さらに場を読み表情を読みます。そのセリフを己の血肉と化すくらいのプロセスが必要です」


お客が知らない言葉は使えない。使ってはいけない言葉がある。移り変わる禁止用語がある。ひらがなかカタカナか。数字の表記、単位の換算で悩む。言葉選びの苦悩が続く。斎藤美奈子が「最近の若い人は比喩と伏線が読めなくなっているそうだ」と書いたのが10年以上前だ。これは本当らしい。大変な世の中になってしまった。字幕屋の苦労はいかばかりか。


翻訳全般に言えることだが、字幕にマニュアルはない。「字幕に正解があってたまるか。永遠にテメーの頭で悩み続けるしかねーんだよ」。筆者の参加する映画翻訳家協会は会員20名、異様に平均年齢が高く、なんと最年少が48歳とか。大丈夫か、この業界。がんばってほしい。サルでもわかる字幕にすればいい、はずがない。ところで解答は「本当よ」と「初耳?」。さすがだ。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4863207808/dgcrcom-22/
太田直子「字幕屋に『、』はない」


●iOSの英単語学習アプリ『えいぽんたん!』が面白い。スマホゲームのハマリ要素がこのアプリにはある。出題される問題はキクタンシリーズのTOEIC350〜990点レベル。


最初に実力テストがあり、出題レベルが確定する。レベルは41に分かれており、最高がS6。レベルに応じているため、ほとんど間違うことなく、すいすいステージクリアできる。クリアするとおやつがもらえ、架空の生徒たち(キャラ)に与えることができる。どうも自分は先生らしい。


生徒たちは食べたおやつの栄養単位「tan」の数で勉強が進み(アニメーションのみ)、一年生から三年生にまでなり、卒業させることができる。卒業アルバムまである。


何時間でも勉強できるかというとそうではなく、問題にトライする際に体力ゲージが減り、ゼロになったらパン類を購入するか、回復するまで待つことになる。10分で1回復。レベルが上がると体力上限が上がるため、あそ……勉強する時間は増やせる。もしかしたら高いステージだと消費体力が多くてトータル時間は同じになるかもしれない。ステージクリアごとに、今の英語力は○○ぐらい、とイラストつきで表示される。続く。 (hammer.mule)


http://eipontan.smacolo.jp/  えいぽんたん!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757414889/dgcrcom-22/
聞いて覚える英単語 キクタン TOEIC Test Score 600


https://twitter.com/nagomix/media
見知らぬ方のTwitterに画像があったわ。私はこのレベルに到達していません……

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    A Girl Takes PhotosA Girl Takes PhotosA Girl Takes PhotosA Girl Takes PhotosA Girl Takes PhotosA Girl Takes PhotosA Girl Takes PhotosA Girl Takes Photos