「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2013年12月16日のアーカイブ

juna21 角田奈々写真展「苦いマンゴー 〜ベトナムの地に触れて〜」


juna21 岡本健太写真展「virtual colony」


会期:12月17日(火)〜12月28日(土)
会場:新宿ニコンサロン 新宿ニコンサロンbis21(東京都新宿区)
◇12月21日(土)13:00〜14:00 ギャラリートーク開催
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/12_shinjyuku.htm#04
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/12_bis.htm#04


濱口まさみ・中元紀子・なかおゆきこ三人展「ちいさなきせきとよろこびの歌」


会期:12月17日(火)〜12月22日(日)
会場:CROSSROAD GALLERY(東京都新宿区)
http://www.roonee.com/crossroad/schedule/


高橋まゆみ「はなびら」


会期:12月17日(火)〜12月29日(日)月休
会場:Gallery Bar 26日の月(東京都新宿区)
http://www.cl.bb4u.ne.jp/~moon26/gallery.html


早川康文写真展


会期:12月17日(火)〜12月22日(日)月休
会場:三日月ギャラリー(東京都新宿区)
http://www.cl.bb4u.ne.jp/~mikaduki/schedule.html


田村彰英ゼミ終了展 2013


会期:12月17日(火)〜12月22日(日)
会場:ヨドバシフォトギャラリーINSTANCE(東京都新宿区)
http://www.yodobashi.com/ec/support/news/1213373439033/index.html#1217


ジャクリーン・ロバーツ写真展


会期:12月17日(火)〜1月13日(月)12/23開館・12/24休 12/30〜1/6休
会場:みうらじろうギャラリー(東京都中央区)
http://jiromiuragallery.com/index.html


monochrome IX「Night…(夜)」


会期:12月17日(火)〜1月25日(土)日月休 12/27〜1/6休
会場:ギャラリーE・M西麻布(東京都港区)
http://www.takeuchi-studio.jp/gallery_em/
http://capacamera.net/exhibition/pickup/131217_monochrome.html


モノクロ作品の写真展“monochrome”展の9回目。「night(夜)」をテーマに40人以上の写真家が出展。それぞれの夜をとらえたモノクローム世界を、オリジナルプリントで展示する。


写団「飄飄」第二回写真展─非決定的瞬間─


ご隠居・亀吉・okumi・穂夏
会期:12月17日(火)〜12月23日(月)
会場:SPACE K代官山(東京都港区)
http://www.space-k.info/


東洋大学I部写真研究会「学外展」


会期:12月17日(火)〜12月22日(日)
会場:ギャラリー・ルデコ(東京都渋谷区)
http://ledeco.net/


齊藤明彦写真展「から、ひとひ」


会期:12月17日(火)〜12月29日(日)月休
会場:TAP Gallery(東京都江東区)
http://tapgallery.jp/exhibition/201312saito.html


地球を撮ろう会写真展


会期:12月17日(火)〜12月20日(金)
会場:府中グリーンプラザ分館(東京都府中市)
<p://www.city.fuchu.tokyo.jp/shisetu/komyunite/shiminkaikan/fuchugurin/>

横浜馬車道倶楽部第1回写真展「私の心魅かれた被写体」


2013 金沢八景茜写友会写真展


会期:12月17日(火)〜12月23日(月)
会場:かなっくホール ギャラリー(横浜市神奈川区)
http://kanack-hall.jp/calendar/gallery/2013/12/

第17回光遊会写真展


会期:12月17日(火)〜12月22日(日)
会場:名古屋市民ギャラリー栄(名古屋市中区)
http://www.bunka758.or.jp/scd18_p04.html


平井弘紀「四季彩感〜冬の彩〜」


会期:12月17日(火)〜12月26日(木)土日祝休
会場:ニコン名古屋サービスセンターフォトスクエア(名古屋市中区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/nagoya/photosquare.htm


谷口哲也鉄道写真展「線路はつづく〜思い出から現在へ。列車は走る〜」


会期:12月17日(火)〜12月26日(木)
会場:HCLフォトギャラリー名古屋(名古屋市中区)
http://www.horiuchi-color.co.jp/photo-gallery/nagoya/

公開グループ展「GRD」


会期:12月17日(火)〜12月25日(水)
会場:gallery maggot(大阪市西区)
http://gallery.maggot-p.com/


ネイチャー展


明地清恵・石原モトフミ・大島拓也・尾崎ゆり・キサマトモワカ・kobaan・sprout・橋本大和・堀田展行・松本尚大・山本淳
会期:12月17日(火)〜12月22日(日)
会場:NADAR/OSAKA(大阪市中央区)
http://nadar.jp/osaka/schedule/131217.html


BEST2013


会期:12月17日(火)〜12月22日(日)
会場:BEATS GALLERY(大阪市中央区)
http://www.beats-gallery.com/

東北6県によるフォトコンテスト「2013第5回東北写真サロン」


が作品を募集中(アサヒカメラ.net)
http://dot.asahi.com/asahicameranet/info/topics/2013121300054.html

ライカD-LUX 6「グロッシーブラックシルバー」が12月21日に発売


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131216_627816.html


ライカD-LUX 6

ライカD-LUX 6



ライカMモノクロームの購入でARTISAN&ARTISTレザーケースを進呈


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131216_627819.html


ロモグラフィーのペッツバール型レンズが予約受付開始


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131213_627604.html


Lomography x Zenit New Petzval Art Lens装着例

Lomography x Zenit New Petzval Art Lens装着例



タムロン、「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD」キヤノン用を12月19日に発売


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131213_627627.html


アドビ「Lightroom 5.3」が公開。20機種に新対応 OM-D E-M1、EOS M2、α7R/α7、Dfなど


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131216_627847.html


「Eye-Fi Mobi」からPCへ無線LANで画像転送するβ版ソフト。実売2,980円の4GBカード発売も


(AV Watch)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20131213_627558.html


レースカメラマン考案のカメラマンベストを一般販売 70-200mm F2.8などが収納可能


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131213_627588.html

試用レポート オリンパスイメージング STYLUS 1


(アサヒカメラ.net)
http://dot.asahi.com/asahicameranet/info/trialreport/131216.html


ソニーSonnar T* FE 35mm F2.8 ZAはシャープでボケの美しいレンズ


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2013/12/fe35mm-f28.html


ソニーα7は今年最もエキサイティングなカメラのひとつ


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2013/12/7-4.html


今日から始めるデジカメ撮影術:第171回 夜景とイルミネーションと雰囲気の関係


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1312/13/news079.html


荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第334回 オリンパス「E-M1」と「Stylus 1」で撮る冬のもこもこ子猫


(ASCII)
http://ascii.jp/elem/000/000/850/850204/

メーカーインタビュー2013:ニコン編 FXからCXまで、それぞれのシステムを充実


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview/20131216_627805.html


水咲奈々のトライアンドトライ


(女子カメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/girlscamera/tryandtry/20131216_627748.html
米Instagram、プライベート交友機能「Instagram Direct」開始


写真・動画・文字を特定フォロワーのみに送信可能


(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131213_627557.html


シャッター切っただけ。デジタル処理を一切使わないファンタジー写真の実力が凄い


(GIZMODO)
http://www.gizmodo.jp/2013/12/cg_8.html

予算5万円! 絶対に買って損しないオーディオ&ビジュアル機器10選


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20131212/1054057/


“最強の手帳選び”が激変! スマホ派ならこれを選べ


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20131213/1054077/


ミシン目を切るだけで簡単にインデックスを立てられるノート


(家電Watch)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/yajreview/20131216_626626.html


斬新発想。被写体の明暗や色を反転させた絵を描き、それを反転撮影することでその正体が見えてくる「ネガフィルム絵」


(カラパイア)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52148443.html

●またろくでもないBC級の映画DVDを見てしまった。その分野のマニアであるわたしでさえ投げ出したくなる出来だった(実はそういうの少なくないけど)。巨大生物系パニックで「ボルテックス 巨大生物総進撃」というおいしそうなタイトル。巨大なヘビ、ハチ、サソリ、クモたちによるパッケージ・ビジュアルもなかなかナイスだから、期待しないほうがおかしいでしょう。って、フツーの人はばかばかしくて絶対に見ないジャンルだけどね。


「彼らが見たのはすべての生物を巨大化させるワームホールだった! 米軍VS巨大生物熱砂の戦い! 人類は生き残れるのか!?」と、予告編はいやがうえにも煽りたてるのだが……。生物が巨大化するのは、ワームホールから生じるガッタ線(なんじゃ? それ)の影響だという。巨大化生物はなかなか出現しないうえ、個体数も人間とのからみも少なく、どこが総攻撃やねん? CGがすさまじくチープな品質で、バレバレの合成が無惨。人類の芝居の方もチープで、アメリカ映画では定番の、別れた妻に未練たっぷりの男ってのが主役級っての。


その次に見たのは、BC級とはいわないが、A級と呼ぶのはちょっと躊躇する「華麗なるギャツビー」である。わたしが見るべき名画リスト31本に入っていたと思い、デカプリオ主演の最新版ではあるが(過去に何度も映画化された)、とりあえず見ておこうとレンタルした。


ところがリストには入っていなかった。あまりに有名なタイトルなので勘違いしたのだ。なんの知識も入れずに見たが、わかりやすいストーリーだった。しかし、誰にも感情移入できない。わたしは偏屈だから、よくそういうことがある。それでもなかなか派手な面白い映画だった。役者たちもうまいし華麗なる舞台も素敵。


ギャツビーという人物の謎は解明されたが、もともと無理筋の願望、いや幻想ではないか。共感できるはずがない。これを純粋の愛などと形容するのはおかしい。悲劇といえば悲劇ではあるけど自業自得。ヒロインのデイジーは流されやすい平凡な女。わたしは前からキャリー・マリガンという女優にぞっこんで、このタイプには理性を失いそうになる。ニックの無責任な傍観者ぶりも好きになれないが、語り部の役としてこれでいいのだろう。原作が「アメリカ文学界最高峰」と言われているとか。映画通りならばたいしたことないぞ、アメリカ。最近アメリカ嫌いが増幅して来たわたしである。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00D1P6FI2/dgcrcom-22/
ボルテックス 巨大生物総進撃
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00DYRMNJW/dgcrcom-22/
華麗なるギャツビー


●SNSはアプリ会社の用意している『スマコロ』というもので、他のアプリ『聴いて育てる英会話 えいたま』『グルタン 英単語で世界周遊』のユーザーとも繋がれる。


学習ログは、回答数が棒グラフ、レベルが線グラフになっており比較できる。トータル日数、正答数(習得した単語数)までわかるようになっている。SNS側の私のプロフィール欄では、3つのうち、どのアプリを何日使っているかもわかるようになっていた。学習カレンダーは七曜カレンダー形式。単語帳には間違った単語が蓄積されていくし、レベル学習のためにも使える。


正直、どんな英語学習アプリも続かない私が、寝る前5分用の英単語アプリとして落としたはずが、夢中で遊んでいたよ。体力がたまるまで遊べないという飢餓感もいい感じ。育てるのが好きな人にも、集めるのが好きな人にも、繋がるのが好きな人にも、隙間時間を活用したい人にもおススメ。しばらくあそ……勉強してみるわ。/と書いていたら『えいたま』サービス終了のお知らせが……。 (hammer.mule)


http://eipontan.smacolo.jp/
『聴いて育てる英会話 えいたま』『グルタン 英単語で世界周遊』
http://www.drecom.co.jp/products/
ドリコム

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    20171119 Today's eventDSC05588_03DSC05561_03DSC05569_03DSC05545_03DSC05548_03DSC05598_03DSC05587_03