「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2012年10月16日のアーカイブ

第32回日本山岳写真集団展「わが心の山」


会期:10月17日(水)〜10月22日(月)火休
会場:ペンタックスフォーラム(東京都新宿区)
http://www.pentax.jp/forum/2012/10/20121017.html


東京ドキュメンタリーフォトグラフィー ワークショップ 2012年度Encouragement Grant賞 前田実津写真展「 My Recollections 」


会期:10月17日(水)〜10月29日(月)火休
会場:RING CUBE 9Fフォトスペース(東京都中央区)
http://www.ricoh.co.jp/dc/ringcube/


藤原暢子写真展「在る」


会期:10月17日(水)〜10月22日(月)
会場:Gallery子の星(東京都渋谷区)
http://www.nenohoshi.com/


村山正徳「星空見学」


根岸光男写真展「季節の風景」〜春から秋へ


会期:10月17日(水)〜10月22日(月)
会場:町田市フォトサロン(町田市)
http://www.phmuse.com/

久我亮一「ヨーロッパ 冬 Part13」


会期:10月17日(水)〜10月30日(火)土日祝休
会場:ニコン札幌サービスセンターフォトスクエア(札幌市北区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/sapporo/photosquare.htm


海老名和雄復興支援写真展「寺子屋の塾長さん」


会期:10月17日(水)〜10月30日(火)
会場:ニコンプラザ仙台コミュニティースペース(仙台市青葉区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/sendai/schedule.htm

第31回彩光写真展


会期:10月17日(水)〜10月23日(火)
会場:京都ぎゃらりい西利(京都市東山区)
http://www.nishiri.co.jp/topics/gallery/

所幸則 Tokoro Yukinori


[ところ]が主宰する香川県の「フォトラボK」が、いよいよ動き始めました。
https://www.e-topia-kagawa.jp/kouza/photolabk.asp


[ところ]は70名近い応募者に対してもうしわけない気持ちで、定員の20名を27名にまでふやしました。なぜ希望する人全員じゃ駄目なのかといわれますが、写真のチェックをするにも、アドバイスをするにも、とうてい対応不可能な人数だからです。


[ところ]は正直一度に10人ぐらいまでが好ましいと思っています。春には第二期生の募集、次の秋には第三期生の募集もあるので、抽選から漏れた人は懲りずにまた応募して下さいね。


さて、[ところ]は自転車が盗まれた後、交通事故にもあったのです。車の陰から突然現れた軽自動車は、ふたつの車線をまたぎ逆方向に走りたかったようで、[ところ]の車にぶつかってきました。車同士の事故は大阪4年、東京29年の運転歴である[ところ]にとっても初めての経験だったので、かなリショックでした。


体は当日は何ともなかったのですが、次に日から少し左側の首筋と肩がおかしいなあという感じでした。保険屋さんがいうことには1:9で相手が悪いので、補償してもらえるそうですが[ところ]がショックなことは変わりがありません。


さて、高松市塩江美術館で10月26日から個展を開催することになったとお伝えしましたが、この展覧会では「渋谷1セコンド」と「ポートレート」中心での展示ということに、最終打ち合わせで決まりました。足りないプリントは18日から20日まで、渋谷のアトリエで行うことになりました。


[ところ]のアーティストステイトメントだけでもわかって欲しいので、「渋谷1セコンド」の展示にあわせて、そのコンセプトムービーも流すことになりました(音楽は徳澤青弦)。これも見てもらえれば、より理解が深まると思います。


所幸則 One Second 2008-2012
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/19908.html


それと「渋谷芸術祭」でも、正式に展示が決まりました。これは東急建設の方、渋谷の街づくり協議会の方、渋谷区の人たちの後押しがあって実現したのです。渋谷ヒカリエ 3F アーバンコアで初めての展示をさせていただくことになり、うれしい気持ちでいっぱいです。以下は案内からの抜粋です。


毎年様々なアーティストを招待してきている渋谷芸術祭が、今年は渋谷の新たなランドマークとなる渋谷ヒカリエ3階特設会場にて、渋谷の街を撮りつづけてきた奇才・写真家所幸則の写真展を開催する。


特設会場では、所幸則が主宰する「東京渋谷ラヴァーズフォトグラファーズ」という、渋谷を愛し記録し続けるアーティスト達の写真を堪能しつつ、メインの所幸則の作品も楽しみください。その背景は実際の渋谷の街が望める絶好の場所。渋谷芸術祭においてこの場所に来ることは、きっと渋谷を更に深く楽しめることにつながるだろう。


2012年実施概要
イベント名:第4回渋谷芸術祭 2012 < http://shibugei.jp/ >
展示会名:所幸則主宰 東京渋谷 Lovers photographers 写真展
会期:2012年10月27日(土)〜10月28日(日)10:00〜21:00
会場:渋谷ヒカリエ 3F アーバンコア内特設会場 入場無料
主催:渋谷芸術祭実行委員会・渋谷道玄坂商店会進行組合・渋谷公園通商店振興組合・渋谷宮益商店街振興組合・渋谷中央街・渋谷東地区まちづくり協議会・学校法人青山学院・東京急行電鉄株式会社
後援:渋谷区


東京渋谷ラヴァーズフォトグラファーズメンバー
主宰:所幸則 サトウタケヒト 布施有輝 金杉肇 渡部暁


[ところ]も含め彼らはいわゆる職業カメラマンでも、商業カメラマンでもありません。ただ、渋谷を愛する写真表現をする写真家達です。キャリアもまちまちですが、渋谷のイメージをおのおの違うコンセプトで撮っています。あと何人か違うタイプの写真家がチームに参加してくれて、一緒に発表できるようになるといいなと思います。連絡お待ちしています。


それ以外にも、つい先日「東京画」のラウンドテーブルという対談シリーズで、所幸則と浅川敏さんの写真家対談が掲載されています。是非見て下さいね。[ところ]の渋谷の新作等もアップされています。
http://www.tokyo-ga.org/magazine/09.html
http://www.tokyo-ga.org/photographers/tokoroyukinori/


そして、しばらくお休みしていたニコニコ動画とユーストリームによる[ところ]の写真にまつわるお話を再開します。
所幸則 1sec(ONE SECOND)
http://com.nicovideo.jp/community/co60744


いつどういうテーマで誰と話すかわからないので、[ところ]に興味のある方はコミュニティに入っていて下さいね。そうするとメールでお知らせが届くはずです。お楽しみに。


【ところ・ゆきのり】写真家
CHIAROSCUARO所幸則 http://tokoroyukinori.seesaa.net/
所幸則公式サイト  http://tokoroyukinori.com/

SHUTTER magazine誌主催イベント「PHOTO LOUNGE 6」


写真を見よう。語ろう。誰でも参加OK、写真作品のショウケース的プレゼンLIVE。ポートフォリオの持ち込みもOK。グラス片手に、ゆるい雰囲気で写真を楽しみませんか?


日時:10月17日(水)18:00 open 19:00 start
前売2,500円(1D付)当日3,000円(1D付)
会場:SARAVAH東京(東京都渋谷区 TEL.03-6427-8886)
http://www.saravah.jp/tokyo/
※予約は電話、またはサイトの予約フォームから
http://www.shutter-mag.com/lounge.html

フォトキナ2012新製品「ライカM」など続報〜プロダクトマネージャーにインタビュー


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121016_566166.html


METABONES、Xマウント用「ニコンF」「ライカR」マウントアダプター 〜NEX用には三脚座付モデルを追加


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121016_566237.html

「FUJIFILM X-Pro1」性能向上ファームウェアを試す


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1210/16/news033.html


長期試用リポート:「DSC-RX100」第2回──海外旅行のサブカメラとして使いこなす


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1210/15/news082.html


オリンパスE-PL5のダイナミックレンジはE-M5より大きく改善している?


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/10/e-pl5.html


ペンタックスK-5 II は暗いシーンでのAF測距がK-5とは全く別物の印象


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/10/k-5-ii-afk-5.html

デジカメプラス 週間トップ10:注目され続ける「NEX-5R」「NEX-6」──国内販売はいつからか


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1210/15/news048.html


デジタルカメラ総合販売ランキング(10月1日〜7日):「EOS M」初速を維持するか


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1210/15/news122.html


撮ってこ〜い。第22回 登山客


(女子カメ Watch)
http://www.watch.impress.co.jp/headline/docs/extra_watch/girlscamera/20121015_557871.html


週刊アンケート 〜結果発表:カメラに記録メディアを入れっぱなしにしてる?


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/enquete/20121016_566213.html

●平成という名付けは最悪であった。不景気、大地震、戦争とろくなことがないのもこのせいか。中国の年号では平の字が上に来るものはひとつもない。日本では、これ以前はただひとつ平治があるだけで、果たせるかなあの戦乱が勃発。翌年一月、改元。


元号のせいで凶事がつづくなどと言うと、縁起をかつぐみたいで滑稽かもしれない。しかしもともと呪術的な記号である。縁起ものだからこそ、平治のときのように、これはいけないとなると改元した。早速、法律を手直しして改元すべきだ。ということを書いたのは、あの丸谷才一である(2004年5月4日:読売新聞)。


果たせるかなその後、民主党政権で日本は滅茶苦茶、加えて大地震に原発事故。これらは平成の呪いだ。丸谷才一が平成をしりぞける理由はこのためだけでなく、日本語のエ列音は格が低いからだ。原始日本語の母音体系はア、イ、ウ、オからなっていたと推定され、後来のエ列音には概して侮蔑的な悪意のこもった、マイナス方向の言葉が入ることになった。


エヘヘは追従笑いだ。エセ、ケチ、セコイ、ヘ(屁)、ヘコム、ヘコタレル、ヘーコラ、ヘタ、ヘツラウ、ヘナヘナ、例はいくらでも。厭らしい動物はヘビと切りがない。ヘイセイ(実際の発音はヘエセエ)はエ列音4連続だ。明るく開く趣きではなく、狭くて気が晴れない。これでは世が乱れるのは当たり前だ。


この平成は、元号懇談会の委員の中でただ一人の東洋思想の碩学が猛反対したのに、日本語の現実に暗い連中が押し切ったという。懇談会には日ごろ言葉の使い方で苦労している、語感の鋭い、詩人、劇作家、小説家を入れるべきだ。「本当のことを言えば、これを機会に年号を廃止し、西暦でゆくのが一番いい」と丸谷才一さん。ご冥福を祈ります。(柴田)


●ノリで申し込んだ東京マラソンが落選と知って、安堵したのには自分でも笑ってしまった。この当落通知は迷惑メールに入ってた。東京マラソンからの他のメールは受信箱に入るのになぁ。


昨日、ジムに行ったよ〜と書いた。ジムのチェックアウト時、カウンターの年配の女性に、久しぶりのジムはどうでしたか、と笑顔で聞いてくれた。ジムのインストラクターさんは、最初は新人っぽい人だったのに、途中から別の人にバトンタッチ。月間のスケジュールを見ると、主に水泳を教えるベテランだった。説明がわかりやすかった。年配の人、ベテランはいいなぁ。


パーソナルインストラクターをお願いしたいよ〜と思ったりした。ジムでのマシンやフロアメニューは基本勝手にやって勝手に帰るって感じ。学生時代の部活や、社会人になってからでも習い事だと先輩や先生がいて、ビシバシチェックを入れられる。はいみんな今からやるから良く見ろ、誰々出てこい、こうやってこうする、みんなわかったか、ここが違うところだ、こうやるんだ、はいみんなでやるぞ、お前のここはこうだ、君のはそこをこうする……。


三年前まで習ったバレエでもそうで、ほぼマンツーマンだったため、手取り足取り。だからジムの勝手に学べ、をやりながら、間違って覚えたりしていないだろうかと不安になる。楽しさより不安が先。 (hammer.mule)

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Tokyo AsakusaKagoshima_1Follow meMy photo世田谷線 松陰神社前駅 TOKYO JAPANFocusHears A Little, Sees A Lot8551B75A-9C75-4015-A953-EB6C8C3ECE95