「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2012年10月15日のアーカイブ

吉江淳写真展「地方都市」


会期:10月16日(火)〜10月29日(月)
会場:新宿ニコンサロン(東京都新宿区)
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2012/10_shinjyuku.htm#03


国分光明写真展「青い森の里村景況」


会期:10月16日(火)〜10月22日(月)
会場:新宿ニコンサロンbis21(東京都新宿区)
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2012/10_bis.htm#04


畠田冴子写真展「青き日のプレリュード」


会期:10月16日(火)〜10月31日(水)月休
会場:Gallery Bar 26日の月(東京都新宿区)
http://www.cl.bb4u.ne.jp/~moon26/gallery.html


市川泰憲「僕の五島」


会期:10月16日(火)〜10月31日(水)日休
会場:新宿ゴールデン街[こどじ](東京都新宿区)
http://www.phobbit.com/kodojitop.html


小野実・小里寿々子・牧田幸枝 三人展「drops of nature」


会期:10月16日(火)〜10月21日(日)
会場:三日月ギャラリー(東京都新宿区)
http://www.cl.bb4u.ne.jp/~mikaduki/


曽根陽一「Streetgazer」


会期:10月14日(日)〜10月28日(日)10/22休
会場:iia gallery(東京都中央区)
タイトルにある「Streetgazer」とは、Stargazer=星を見る人(天文学者)ということばからヒントを得て、街を歩きながらスナップを撮る自身の姿に重ね合わせて造られたことばです。Streetgazerの目を通して切り取られた15点の作品を展示します。
http://iiagallery.jp/articles/category/exhibition
http://ys-ode.net/


写真教室「彩華」写真展 彩り─花・植物への思い─


主宰:田ノ岡哲哉
会期:10月12日(金)〜10月18日(木)
会場:フレームマン エキシビジョン サロン銀座(東京都中央区)
http://www.frameman.co.jp/ginzasalon.html


新倉孝雄作品展「’60 湘南・ヨコハマ・軽井沢─Safety Zone─」


会期:10月2日(火)〜11月4日(日)月休(祝日の場合開館)
会場:JCIIフォトサロン(東京都千代田区)
http://www.jcii-cameramuseum.jp/


第42回医家写真展


会期:10月16日(火)〜10月21日(日)
会場:JCIIクラブ25(東京都千代田区)
http://www.jcii-cameramuseum.jp/


「女性による女性のための写真教室」修了生有志「n.p.s. Photo Exhibiton vol.23」


小川眞紀子・かどさとこ・神谷寿美子・佐藤典子・齋明寺千博・清水朗子・多田倫子・虎岩茉莉子・中井佑有子・中澤真優美・三本尚実
会期:10月16日(火)〜10月28日(日)月休
会場:NADAR/TOKYO(東京都港区)
http://nadar.jp/tokyo/schedule/121016.html


クマセテツコ・永見梨沙「Girls」


会期:10月16日(火)〜10月21日(日)
会場:ギャラリーSPACE KIDS(東京都港区)
http://homepage1.nifty.com/spacekids/


市川恵美写真展「Free radical」


会期:10月16日(火)〜10月28日(日)月休
会場:ギャラリーコスモス(東京都目黒区)
http://www.gallerycosmos.com/


佐久間元写真展「そこへゆけ」


会期:10月16日(火)〜10月28日(日)月休
会場:TAP Gallery(東京都江東区)
http://tapgallery.jp/exhibition/201210sakuma.html

第14回鴨居フォトクラブ写真展


フォト・六コミ第14回写真展


会期:10月16日(火)〜10月22日(月)
会場:かなっくホール ギャラリー(横浜市神奈川区)
http://kanack-hall.jp/info/gallery/


全日写連浦和支部写真展


会期:10月16日(火)〜10月21日(日)
会場:埼玉県立近代美術館 一般展示室(さいたま市浦和区)
http://momas.jp/exhibitionguide/generalexhibition/

白鳥尚道「蝶」


会期:10月16日(火)〜10月31日(水)
会場:ニコンプラザ仙台フォトスクエア(仙台市青葉区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/sendai/photosquare.htm

第7回写伸クラブ・グループ達写合同写真展


第5回フォトサークル悠遊写真展


会期:10月16日(火)〜10月21日(日)
会場:名古屋市民ギャラリー栄(名古屋市中区)


ニッコールクラブ愛岐支部写真展(後)


会期:11月16日(金)〜11月30日(金)土日祝休
会場:ニコン名古屋サービスセンターフォトスクエア(名古屋市中区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/nagoya/photosquare.htm
http://www.bunka758.or.jp/scd18_p04.html

安野亮写真展「優しい時間」


会期:10月16日(火)〜10月21日(日)
会場:壹燈舎(大阪市中央区)
http://www12.ocn.ne.jp/~ittosha/


アビィ企画グループ展「街の違和感 8」


会期:10月16日(火)〜10月21日(日)
会場:ギャラリー・アビィ(大阪市中央区)
http://g-avi.com/


公開グループ展「ひと様」


会期:10月16日(火)〜10月21日(日)
会場:gallery maggot(大阪市西区)
http://gallery.maggot-p.com/


NPS PHOTO EXHIBITION VOL.47


足立史織・いわむらひろこ・きたむらえいこ・saki・Juriつかもとあゆみ・三島芽久美・ゆかり・ヨコヤマヒロミ・RYOKO
会期:10月16日(火)〜10月21日(日)
会場:NADAR/OSAKA(大阪市中央区)
http://nadar.jp/osaka/schedule/121016.html


近藤斉「大阪彷徨」1995〜2011


会期:10月12日(金)〜11月5日(月)日祝休
会場:ビジュアルアーツギャラリー大阪(大阪市北区)
http://www.visual-arts-osaka.ac.jp/event/vag.html

石内都「絹の夢」


会期:10月7日(日)〜2013年1月6日(日)12/25〜12/31休
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(丸亀市)
観覧料:一般950円、大学生650円 11/23開館記念日無料

明石哲也「朱色の妙味」


会期:10月16日(火)〜10月31日(水)土日祝休
会場:ニコン福岡サービスセンターフォトスクエア(福岡市博多区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/fukuoka/photosquare.htm

ソニー、「“α99”スペシャルトークショー」を東京・大阪・名古屋で開催


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121012_565640.html


「第5回タムロン鉄道風景コンテスト」入賞作品展が今年も開催


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121012_565645.html


合同写真展「ポートレート専科 台湾」が開催


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121012_565659.html


日本写真学会、平成24年度 画像保存セミナーを開催


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121012_565678.html

「ライカM-E」「D-LUX6」「V-LUX4」の発売日が決定


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121012_565690.html


GODOX、クリップオンストロボ用のアクセサリーキットとTTLケーブル


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121012_565647.html


エツミ、ショルダーにもリュックにもなるカメラバッグ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121012_565664.html


Corel、ジオタグ・顔認識対応の「PaintShop Pro X5」


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121012_565702.html


35mmフィルムのようなiPhone用リモートシャッター


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121012_565671.html

新製品レビュー パナソニックLUMIX DMC-FZ200 〜光学24倍でズーム全域F2.8。唯一無二の高倍率機


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/20121015_565713.html



サイレント撮影やタッチパッドAFに新対応した全部入りミラーレス──パナソニック「DMC-G5」実写レビュー


(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/articles/2012/10/11/lumix_g5/index.html



この秋はコレを買え! 注目のデジタル一眼カメラ総チェック 第3回 最新デジタル一眼レフは35mmフルサイズの時代だ!


(ASCII)
http://ascii.jp/elem/000/000/734/734507/


ニコンD600のためのSDメモリーカード選び


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20121012_565540.html


奥川浩彦の「WTCCフォトコンテスト」攻略ガイド【後編】WTCCのオススメ撮影ポイント解説


(Car Watch)
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20121015_565393.html


ソニーRX1のボディの造りや画質はトップクラス


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/10/rx1.html


Lytroライトフィールドカメラのサンプル画像が掲載


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/10/lytro-1.html


シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSMはリーズナブルで優秀なレンズ


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/10/17-50mm-f28-ex-dc-os-hsm-3.html


ペンタックスDA★ 55mm F1.4 SDMは素晴らしいボケ味だがAFが遅い


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/10/da55mm-f14-sdm-4.html


ソニーα99のRAWや動画を含む多数のサンプル画像が掲載


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/10/99raw.html


ニコンCOOLPIX P7700の高感度ノイズとディテールはLX7・G15といい勝負


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/10/coolpix-p7700-1.html


フォクトレンダーNOKTON 17mm F0.95は買って後悔することのないレンズ


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/10/nokton-17mm-f095.html

オリンパスの新型一眼、購入の決め手は電子水準器機能


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20121012/1044541/


日本写真家協会、「名取洋之助写真賞」の応募年齢制限を引き


上げ(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121012_565683.html


キラキラ★カメラ女子に会いたい[Vol.6]「子どもの視線」


を持って 岡田真由美さん(女子カメ Watch)
http://www.watch.impress.co.jp/headline/docs/extra_watch/girlscamera/20121012_565420.html


“紙を生かすタブレット”という新発想──反響呼ぶ、カシオ


の“全部入り”端末(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1210/15/news024.html


荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第272回


秋の神社仏閣巡りで猫と出会いまくり!(ASCII)
http://ascii.jp/elem/000/000/734/734705/


こーんなにちっちゃいので、暗視撮影&フルHDムービーが録れ


ちゃう日がくるなんて(GIZMODO)
http://www.gizmodo.jp/2012/10/121011chobicam.html

今すぐ入れよう! オススメAndroidアプリ


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110519/1035718/


タブレットの王者「iPad」に迫る「Nexus 7」人気──ヨドバ


シに聞く(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20121012/1044537/


リアルすぎてやばい! 全日本模型ホビーショー2012:机・椅


子、団地にタワー、リアル系まとめ(GIZMODO)
http://www.gizmodo.jp/2012/10/2012hobby_real.html

●「立川談志自伝 狂気ありて」を読む(亜紀書房、2012)。この本で叩かれたら怪我しそうなものすごく丈夫なハードカバー。鈴木成一デザイン室の装幀が美しい。巻頭の高座の写真がすばらしい。本文中に写真も多く、上品な組版で読みやすい。「この作品は、2009年8月〜2010年9月に執筆され、ご遺族の校訂を経て刊行の運びとなりました」と奥付の前のページに編集部の告知がある。筆者は2011年11月21日に亡くなった。「立川談志の想い出という名の未練を書き残しておく。能書きは長いがそういうことだ。」と前書きの最後にある。


「本を書く理由は『整理』ともいえる。人間誰しもそうであろうと思うが、当然くる人生の終焉に対する己が身の『整理』、これであろう。」という覚悟で「毎度のことながら、資料も見ずに記憶だけで書いている。早い話が面倒臭いからだ。喋ったほうが楽ではあるが、それでは駄目なのだ。」と、深夜、腰痛に耐えながら思いつくままに原稿用紙の升目を埋めていったようだ。見返しに黒バックで金色でその原稿が印刷されている。


この人の記憶力が尋常ではない。人の名前を思い出せなくなるのが老化を実感する初めだが、談志は多くの芸人の芸名はもちろん本名まで、いつどこで演じていたか、ネタはなにかまで記憶にあるようだ。他人のネタや当時の歌なども容易に再現できるという。芸人ばかりではない。その人脈の広さにも驚く。


だから、出て来る記憶を延々と書き綴っただけの本。理屈っぽくなく、淡々と記述しているが、ここでは異常な記憶以外には芸を見せていない。談志の娘の若い頃の文章が挿入されていて、そっちのほうがうまいくらいだ。最後の章は「エゴの塊のような気狂いが老いた」で、声帯のガンを患い話芸が成立しなくなるさまを描く。本人は言わないが無念であろう。300ページ近いが、2時間もあれば読める。わたしは談志に思い入れはないから、丁寧な作りのわりに内容はスゴイとは言わないが、ファンにはたまらない”最後の”談志本だ。 (柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4750512133/dgcrcom-22/
→アマゾンで見る(レビュー2件)


●後記で何度も書いていたスポーツジム行かなきゃ、を実現した。仕事の谷間で、今日しかないわと準備。2年は行っていなかったと思う。今月末に切れる招待券を家人に渡し、ついてきてもらうというヘタレぶりを発揮。きっかけがないとなかなか行けない。チェックイン・アウト方法すら忘れてたわ。カウンターでは、久しぶりだという話をし、家人がビジターなので利用説明を一緒に聞く。


以前はバレエに行っていて、ジムの利用はなかった。個人記録用紙は作ったかなぁ、どうだったかなぁと棚を探す。そこからか! もちろん無くて、家人とともに作ってもらう。目標を聞かれたのだが具体的な数字は言えず、「体力をつけたい、やせたい」とだけ書いた。体力が衰えていて、仕事もなかなかはかどらない。あともう少し、詰めをもうちょっと、という手前でしんどくなってやめてしまう。外出も億劫。


1m以上ある、小さな冷蔵庫ぐらいの大きさの測定計に乗る。体脂肪やら筋肉量、水分量やらがパーツごとに出てきて、それを元に説明をしてくれる。体のバランス、基礎代謝、どこの筋肉が衰えているかとか。で、それを元に練習メニューを組み立ててくれた。マシン類を使うのは初めてで、自分の苦手としているところ、得意としているところがわかって良かった。特に脚力、腹筋はあきれるほど衰えてたよ。まわりの人たちはストイックにこなしていて、年配の方でもスタイル良かったな〜。


初回だったのでインストラクターが横についてくれ、細かな指導を入れてもらえたんだけど、次回からはそれはなかなかできないだろうな。膝が中に入るから傷めやすいとか、ひじが脇から離れると効果的な筋トレができないとか、肩甲骨を開いたままでとか、そういうチェックはありがたかった。通って、体力つけて、もう一踏ん張りできるようになりたい。 (hammer.mule)

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Kagoshima_1Follow meMy photo世田谷線 松陰神社前駅 TOKYO JAPANFocusHears A Little, Sees A Lot03847DE2-83DA-4C95-A51E-6F58EA29D9BBFEF29A8B-C209-438B-97C3-C878498177F2