「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●なんて美しい少女なんだ、西洋の美少女って半端ではない、と目を見張ったのがホラー映画「フェノミナ」に主演したジェニファー・コネリー(当時14歳)だった。25年以上前に、WOWOW(?)の録画を見てそう思った。そのVHSはずっと保存版にしていたが、10年前の引っ越しで処分してしまった。わたしの中では、美少女といえばフェノミナである。かつて感動した美しさにまた会いたいな、殆ど内容を忘れているけど。すると、DORAMAの旧作100円棚にあった〜!


イントロでバスに乗り遅れた女の子が出て来るが、あれ? この娘がジェニファーだっけ? そこそこ美人だけど、かつてはこの程度に夢中だったのかと思っていたら、惨殺されてしまいホッとしたりして。スイスにある全寮制の音楽学校に入学したジェニファー。虫めづる姫君で、夢遊病でもあるという難儀なキャラクターだ。ジェニファーが教師や生徒たちから吊るし上げをくらっているとき、窓の外には彼女を守るために無数のハエが結集する。このときのジェニファーの美しさ、神々しさといったら。


この天使のような少女が、数々のとんでもない目にあわされるのがこの映画の見どころなのだから、監督は美少女いじめの変態だ。この脚本を読んで、それでも出演したジェニファーもおかしいけど。これでもか、これでもかって感じで彼女は痛めつけられる。最悪なのは蛆虫まみれの腐乱死体がいっぱいの汚物プールに落とされるシーン。よくそんなものまで用意したな。とにかく蛆虫の登場が少なくないから苦手な人は絶対に見ないように。わたしも苦手ではありますが、高校は生物部ですから。


ところが、頭から全身が汚物にまみれたはずなのに、その直後のシーンでは白い服に汚れがなく、髪の毛も顔も美しいのはどういうわけだ。これで助かったと思いきや、予想外の展開が。ホラーの定石にプラスアルフアといった感じで、最後の連続殺人には驚く。美少女ホラーのジャンルで評価が高いのは当然だと思った。次は「サスペリア」見ようかな。同系列の。というわけで、昔の美少女ホラー映画好きですが、なにか?(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005G0DR/dgcrcom-22/
フェノミナ-インテグラルハード


●AHMADの『English Tea No.1』が美味しいと教えてもらう。フルーツティーセレクションもよく買うそうだ。ティーバッグで100個入りのが、成城石井100店舗達成セール。100は消費できるかどうかと迷っていた友人に、25個分を引き取ると話して買ってもらった。ひとつあたり7円未満。


日常使いだと茶漉しを使って、優雅にブレイクタイムを楽しんでいる場合ではないので、ティーバッグでいいのだ。ストレートで飲めるスッキリ味がいい。クセもいらない。このEnglish Teaは日常使いに丁度いい感じ。25個は一か月しないでなくなりそう。


成城石井では、マリアージュフレールの『マルコポーロ』缶入り100gまでセール。思わず買ってしまった。が、ネットで調べたらもっと安いのはあったわ。円高で安くなっていたのね。最近買っていなかったから知らなかったわ。(hammer.mule)


http://www.ahmadtea.jp/products.php?flavor=10
アフタヌーンティー・まろやか・爽やか・オレンジがかった紅色
http://ahmadtea.shop-pro.jp/?pid=16549244
定価でも840円か。円安でこれから上がって行くだろうなぁ
http://www.seijoishii.co.jp/
成城石井
http://www.mariagefreres.co.jp/
マリアージュフレール

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!