「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●「どうもプーチン大統領は、メドベージェフ首相を葬ることにしたようです。」と書くのはメルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」の北野幸伯氏。プーチンは2000年から2008年まで、4年2期、計8年大統領を務めた。この期間にロシアを大復活させた。だがロシアの規定では、大統領は連続二期までしかできない。そこで弟子のメドベージェフを大統領にして、プーチンは立場的にはNO.2の首相を4年やった。


そして2012年の選挙で勝利し、プーチンは大統領に返り咲き、約束どおりメドベージェフを首相に任命した。メドベージェフの時代に大統領任期が変更され、4年から6年に延ばされた。これでプーチンは短くて6年、長ければ12年大統領の座にいられる。


さて、プーチンとメドベージェフの関係は良好であるとされていたが、事実は違う。メドベージェフは、大統領になると米英に接近してプーチンに反逆し、約束を破り2期目を狙った。しかし、プーチンとの権力闘争に破れ首相になった。大統領に復帰したプーチンだが、なぜさっさとメドベージェフを切らないのか。それをやったら、プーチンに逆らったからだと国民にバレバレになる。そこで、国民が望むからというかたちでメドベージェフを葬ることにした。で、今ロシアで何が起きているか? それは次号で……という内容。おもしろい。おもしろ過ぎる。


ちょうど北野幸伯「プーチン最後の聖戦」(集英社インターナショナル、2012)を読んでいたところだ。プーチンはいかにしてロシアの絶対権力者になったのか? プーチンはいかにアメリカを没落させたのか? アメリカとロシアはなぜ和解したのか? そして最後は、プーチンはどうやってアメリカにとどめを刺すのか? 恥ずかしながら初めて聞いたことばっかり。まるでトンデモ系、陰謀系みたいで信じ難い。だが、どうやらすべて真実らしい。本文中に転載された新聞記事には、この本で書かれたことがバッチリ事実として載っている。しかも文章はじつにわかりやすい。子供でも読めるだろう。


筆者の読みによれば。近い将来、ドル暴落とインフレがアメリカを襲う。大規模な世界経済危機が起こる。エネルギー革命によりアメリカは復活するだろうが、もはや世界の覇権国家たりえない。中国は、2018年末から2020年ごろに、日本のバブル崩壊に相当するできごとが起こる。よくて「高度成長はもう無理」、最悪「共産党独裁体制の崩壊」までいく。中国の栄華は案外あっさり終焉を迎える、ナイスな見立てだ。できればもっと早くそうなって欲しい。筆者がこの本を書いた意図は「世界がいまだに戦国時代であること」を日本人に知ってもらいたいからだという。よくわかった。面白いけど恐ろしい。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797672250/dgcrcom-22/
プーチン 最後の聖戦
http://www.mag2.com/m/0000012950.html
ロシア政治経済ジャーナル


●エクセルファイルに画像が貼られていることって、たまにあるよね。お客さんが指示とデータ受渡しを兼ねて作られるファイル。で、このエクセルをweb保存したら画像は抽出できるんだけど、貼られた後のリサイズに合わせて書き出すものだから画質が落ちる。なので、画像の抽出は、シート上で必要なもの選び、Photoshopにコピペしてた。


.xlsで来たものを.xlsxに保存しなおし、拡張子を.zipにリネーム。これを解凍したら「docProps」「[Content_Types].xml」「xl」というファイルやフォルダが出てくる。xlフォルダの中には、「drawings」「theme」「worksheets」「sharedStrings」「styles.xml」「workbook.xml」「_rel」とともに「media」。このmediaフォルダに画像がおさまってた。知らなかったよ〜。/.xlsをそのまま.zipにリネームしてみたが解凍できず。(hammer.mule)


http://www.fujicom.co.jp/salon/it_info/55/55.html
エクセル2007の裏技「シート内の画像だけを抽出」。Macでもできました。

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!