「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

編集後記………4月2日(火)

2013/04/02コメント

●いままでBC級映画のDVDを好んで見て来た。どんなおバカ映画、ダメダメ映画にも寛容なわたしであった。そんな映画にも、必ずいいところはあった。ところが、こんな救いようがない本当のバカ映画に遭遇すると、自己責任とはいいながら腹が立つ。「ほぼほぼパラノーマル」という2012年アメリカの作品だ。


商品説明によれば〈「パラノーマル・アクティビティ」、「ラスト・エクソシズム」、「ブレアウィッチ・プロジェクト」など、映画史に輝く名作ホラーをイジり倒した抱腹絶倒のパロディ映画が日本上陸! あなたは、いくつの元ネタ映画を発見できるだろうか!?〉だという。


ちょっとそそられるコピーとビジュアル。しかも、アルバトロスではなく松竹の扱いだから、まあそこそこの映画だと想像する(アルバトロス、好きだけど)。ところが、これは想像を絶するひどい出来だった。学芸会レベル。自主映画か? 劇的なつまらなさ。意味不明のセリフとストーリ展開。天下の松竹がなぜこんな屑映画を買ったんだ。日本語版を作った人たち、台本作家、声優、意味がわかってやっているのか。劇場未公開作品らしい。公開されたら袋だたき必定(ネットでは今そんな感じ)。


名作ホラーのパロディという謳い文句だが、違うでしょう。パロディとは「基本的には『元ネタを知っている』ことを前提に、それを引用してもじったり、へたに真似たりすることで、引用・改変したこと自体を楽しむ」ものである(ニコニコ大百科)。わたしは元ネタを知っているが、ちっとも楽しめない。元ネタを知らない人には地獄の責め苦の退屈さであろう。


これつまらないから見てごらん、とシャレですすめる映画もあるけど、これつまらないから見ない方がいいよ、と本気で言ってしまう映画もあるんだな。DORAMAで準新作100円というセール時に借りたものだが、100円でも損した気分で、見るのに要した約90分を返してくれといいたいくらいだ。ここまで言わせる映画も珍しいので、怖いもの見たさで借りたら? なんて口が裂けても言いませんとも。(柴田)


http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=863320
松竹DVD倶楽部 「ほぼほぼパラノーマル」


●日曜日。なんとなく、FMチューナーをつけた。最近はラジオはもっぱらRadikoやらじるらじる、放送局のサイマルラジオ、とネット放送を聞いている。いや嘘だな。普段はあまりラジオをかけない。


アンテナを立てずに聞けるのは4局。が、知らない周波数で音楽が流れた。音はクリア。延々と音楽が流れている。CMやジングルはない。もしかしてFMトランスミッターで近所の人が流してる? ネットで調べたら、10kmほど離れた土地の放送局がひっかかった。ここ? 届くの? ネタがないので、明日にひっぱる!(hammer.mule)

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Kyoto TowerThe city that never sleepsPorst SP Bob's Broiler Cruise Night 17Porst SP Bob's Broiler Cruise Night 04Fujica ST Bob's Broiler Cruise Night 08Fujica ST Bob's Broiler Cruise Night 03Fujica ST Bob's Broiler Cruise Night 04Fujica ST Bob's Broiler Cruise Night 09